木下工務店

木下工務店の家
About Us
04
地震に強い家

震度7の地震波にも連続6回耐え抜く
先進システムを全棟に採用。

制震システム「DUOフレーム工法」

<高層ビルの制震技術を木造住宅に応用>
耐震だけを柱とした法律上の地震対策では、今後起こるであろう巨大地震の想定外の揺れに対応できないかも知れません。そこで木下工務店では、高層ビルの揺れの制御にも使われている制震技術を木造住宅に応用した、先進システム「DUOフレーム工法」を標準採用しました。この工法は、建物が受ける地震エネルギーを熱エネルギーに変換して放出。地震の揺れを最大70%低減して大切なご家族や住まいを守ります。

  • 「DUOフレーム工法」の特徴

    揺れを最大70% 軽減!
    ●繰り返す余震にも効果を発揮!
    ●建物の耐久性や寿命を向上!
    ●土地条件に関わらず設置可能!
    ●維持メンテナンス費用も不要!
    ●2×4工法、新木造軸組工法、どちらの工法も対応!

    • 制震システム未設置のプランとの比較です。個別物件での効果は、使用している構造材やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。
  • 「DUOフレーム工法」施工例 イメージフォト

    「DUOフレーム工法」施工例

揺れによる建物の変形を最大70%吸収

耐震構造のみのモデルと、制震システム「DUOフレーム工法」の試験体に、震度7の地震波を加えた比較実験では、DUOフレーム工法を付加したモデルでは殆ど損傷がありませんでした。

DUOフレーム工法をプラスした時の実験結果
  • 制震システム未設置のプランとの比較です。個別物件での効果は、使用している構造材料やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。

スライドロック機構で
繰り返す揺れに対応

  • 耐震材には効率良く制震効果を発揮する範囲や、制震材自体が破断しないための伸縮の限界があります。その制限の下、反復する揺れに何度でも制震効果を発揮しなければなりません。そこでDUOフレーム工法では、繰り返す揺れに何度でも対応できるスライドロック機構を採用。またロックすることにより、大地震時には建物の変形を更に抑えることが出来ます。

  • 「DUOフレーム工法」制震ダンパー部の透過イメージ図

耐震に制震をプラスした
「DUOフレーム工法」のしくみ

地震の揺れは、地盤から「土台」に伝わり、次に「梁」に伝わって建物全体が揺れます。よって建物の揺れを抑えるためには、この土台と梁の揺れを抑えることが効果的です。

「DUOフレーム工法」のしくみ イメージ図

「DUOフレーム工法」では、土台・梁間に設置した大きなダイヤモンド型ユニットで、まず建物全体の揺れを効率よく吸収します。更に、土台・梁とダイヤモンド型ユニットの接合部分に設置した制震ダンパーに組み込まれた特殊な制震材が、吸収した振動エネルギーによって伸縮することで集中して揺れをキャッチします。

  • 巨大構造物の揺れも抑える制振材VEM

    DUOフレーム工法の制振材VEMは長い分子の鎖が絡み合った構造をしています。分子同士が摩擦しやすく、言わば「身動きが取れない」状態です。この複雑な構造によって制震材が小さな変形エネルギーも拾い、熱エネルギーに変換して確実に揺れを吸収できるので、巨大構造物にも用いられています。

    「DUOフレーム工法の制振材VEM イメージ図
  • 揺れを止める原理は、車のブレーキと同じ

    車のブレーキの場合、ブレーキパッドとの摩擦によってディスクが動けなくなり車の運動が抑えられます。エネルギー的に言えば、車の運動エネルギーが摩擦熱(熱エネルギー)に変換されることで吸収されたとも言えます。

    揺れを止める原理は、クルマのブレーキと同じ イメージ図

20年間の地震性能保証

「DUOフレーム工法」を採用し、規定通り施工された建物については、一般社団法人ハウスワランティによる最大600万円の地震性能保証が受けられます。

  • 免責事項など詳細については担当者におたずねください。
  • 想定外の地震の揺れに備えて

    東日本大震災発生後、日本で起こる大地震の確率が非常に高まって来ています。がっちり建てる法律上の耐震等級だけでは、想定外の備えにはなりません。

    そこで木下工務店では、高層ビルの揺れの制御に使われている制震技術を木造住宅に応用した、先進システム「DUOフレーム工法」を採用しました。

  • 今後30年の間に震度6以上の揺れに見舞われる確率の分布図

安心の耐震性を立証(耐震実験)