木下工務店

キッチンのお手入れ

家族で季節の味覚をおいしく頂くには、使いやすいキッチンにすることから始めましょう。

キッチンも衣替え

1. 収納庫やストック食品のチェックを

収納庫のお掃除や、乾物やストック食品の賞味期限チェックを忘れていませんか。終わった季節用品は奥へ、これから活躍するものは手前に、お掃除の時に位置も変えましょう。スライド式バスケット、トレー、ワゴン等収納グッズの種類もいろいろありますので、収まりにくい道具や取り出しにくい食品は思い切って収納の方法や場所を変えてみるのも一法です。

2. 食器で季節感の演出を

最近は食器洗い乾燥機を使用する機会が増え、高温で洗える丈夫な食器を多く使うようになりました。でも、とびきりの食材に出会った時やお料理に腕を振るった時は、器もおしゃれしてみませんか。よりお料理が素敵に見えること請け合いです。暖かい雰囲気の陶器や、繊細な上絵の磁器、手にしっくりと馴染む塗り物などは、秋のバラエティー豊かなお料理にぴったり。ガラスの食器は見た目にも涼しさを演出します。

調理のヒント

1. 小人数用の調理道具

スーパーでは小人数用のパック野菜や食品、一回ごとの食べ切りサイズの商品が出回っていますが、調理道具も1人用もしくは2人用くらいのかわいいサイズのものがあります。家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、ほんの少量が必要な時、大は小をかねない場合もあります。そんな時は道具のサイズを小さくすれば意外と便利になったりします。例えば、加熱用と保存用の2種類のフタが付いた小鍋や一食分の手作りのお漬物容器などなど、調理道具も時代を反映した日進月歩が進んでいます。

2. レンジ周りのお掃除

調理をしていると、レンジ周りはどうしても油ハネがついてしまいます。特に、揚げ物や炒め物の後はお掃除が大変。そんな時は、余熱が残っているうちに、お湯で絞ったボロ布で湯ぶきしておきましょう。後で、ちゃんとお掃除する時がとても楽になります。近くにすぐ拭いて捨てられるボロ布を小さめに切って用意しておくと便利です。又、調理器具やお皿の油汚れも一端拭いてから洗剤で洗うと、排水管の油汚れが少なくて済みます。最後に、床についた汚れを拭き取るのも忘れないようにしましょう。

テーブルの上にも季節の色を

食卓をすっきりと

調味料や小物はトレーやバスケットに入れ1つにまとめましょう。テーブルを広くするとすっきり見えます。テーブルクロスやランチョンマットの色調はシックにして色使いも少な目に。ポイントに季節を感じるような色を加えましょう。葉っぱや木の実を、籠や素朴な器に盛りつけたりすると、立派なディスプレーになります。生花とは一味違った自然の季節感あふれる食卓が楽しめることでしょう。

それから、湿気が多い場所では、換気扇が有効ですが、換気扇のお掃除は意外と忘れがちですね。取り外せる部分は取り外して洗い、スリットや凹凸のお掃除がしづらい部分は、湿らせた綿棒や小さくぼろ布を巻き付けた割り箸などを使って、ていねいにホコリを拭き取ります。トイレや洗面所は、換気扇の下に汚れ防止の古新聞紙などを敷いてから、作業を始めるとよいでしょう。

特に、お風呂場は湿気が多く、換気扇の中でホコリが固まっていることもあるので、念入りにお掃除しましょう。さっぱりとして気持ちよくなりますよ。

  • 設計相談会
  • ペットと過ごす家
  • 木造耐火住宅
  • お住まいのリフォームのご相談はこちら
  • 木下のリフォーム
  • 木下のリフォーム
  • 快適な暮らしを送る為に、信頼と安心のリフォーム
  • 土地活用・アパート経営のご相談はこちら
  • アパート経営
  • アパート経営
  • みなさまの長期安定経営をトータルにサポートします