木下工務店

エアコンと扇風機の効果的な使い方

夏には欠かせないエアコン。気になる電気代は、扇風機を併用することでかなり節約になります。省エネ効果を上げるために、ちょっと心配りをしてみましょう。

気軽に省エネを

1. 室内温度は快適に

冷え過ぎにならないように温度調節をこまめにしましょう。例えば、冷房の温度を1度上げると、約10%も省エネになります。家族一人一人の体感温度や外気温に応じて湿度などを微調整出来るマイコン機能のついているタイプや、外気温の変化に応じて一定時間ごとに設定温度を自動運転できるものなど、それぞれエアコンのタイプによって設定温度を上手に使いこなしましょう。

2. フィルターの掃除はまめにしましょう

フィルターの目づまりは冷房の効果を弱めます。2週間に一回はお掃除しましょう。目づまりしたままで使用すると、電気代が約5%~10%のムダ遣いになります。前面のパネルもサットひと拭きして普段からきれいに。また、エアコン洗浄スプレー剤を使用する場合は、お部屋の換気に注意して、必ず説明書をよく読んでから使用しましょう。

3. タイマー設定と待機電力

おやすみやおはようのタイマーやお出かけの時など、タイマー時間の設定を有効に活用して必要な時間だけ使うようにしましょう。又、春・秋や長時間留守にする時は、コンセントを抜いて待機電力を節約しましょう。主電源をオフにしたり、エアコンに組み込まれている省エネ機能を利用したりと、タイプによって使い分けましょう。

4. 室外機の周りをふさがないで

室外機の吹き出し口に障害物があると、冷房効果を弱め電気代のムダになりますので、室外機の周辺は十分な隙間を確保しましょう。

5. 窓や戸の開閉は少なめにしましょう

外気がはいると、冷房効果が悪くなり、電気代のムダにつながります。又、カーテンやブラインドで直射日光を遮ると、省エネ効果が約5%も違います。

扇風機も活用して

1. より涼しく快適に

エアコンの冷気を扇風機でお部屋中に循環させることで、体感温度を下げ、一層涼しく感じられます。扇風機を上向きにして部屋の中の空気が循環させ、快適な風の流れを作って涼しく過ごしましょう。

2. 睡眠時にも心地よい風を

睡眠中は、送風の範囲が限られる扇風機の風だけでも意外と快適です。睡眠のリズムに合わせた送風や時間間隔、風の強弱の種類などを選択出来るものや、音の静かなもの、リモコン操作のしやすいものなど、最近は機能に優れた扇風機もあるので、エアコンと使い分けるとよいでしょう。

時には涼しさの演出も

夕方には打ち水を

急な夕立ちのあとには一瞬さわやかな気分になるように、真夏の猛暑を和らげるのが、夕方、道路やお庭にまかれる打ち水。換気や空気の清浄機能に優れたエアコンは多種ありますが、自然の風や涼感もいいものです。我が家流の涼しさの演出も住まいに取り入れてみてはいかがでしょう。

  • お住まいのリフォームのご相談はこちら
  • 木下のリフォーム
  • 木下のリフォーム
  • 快適な暮らしを送る為に、信頼と安心のリフォーム
  • 土地活用・アパート経営のご相談はこちら
  • アパート経営
  • アパート経営
  • みなさまの長期安定経営をトータルにサポートします