木下工務店

上手なお洗濯の方法

すっきりときれいに洗い上がった洗濯物は気持ちいいけど、出来るだけ時間をかけずにお洗濯したいですね。そんな時は、家事がスムーズにはかどるようにちょっと工夫してみましょう。

きれいに仕上げるコツ

1. お洗濯は手順が決め手

全自動洗濯機で洗濯する時も、汚れの程度、素材、色、柄物等に仕分けして洗う方がキレイに仕上がります。 面倒な仕分けも「白物」「汚れのひどいもの」「下着」などと、始めからカゴに入れ分けておくと、手間が省けます。

洗剤の種類や量も、汚れ具合や素材によって使い分けましょう。生成りやパステルカラーのデリケートな色あいのものは、色あいを白くしないように無蛍光洗剤で洗うとよいでしょう。又、洗濯ネットは、大小サイズをいくつか用意して、量に応じて使い分けると便利ですね。布製の洗濯袋は、手洗い用のランジェリーも洗濯機で傷めずに洗えるのでとても重宝します。

2. 帽子やタオルをきれいに仕上げるには

汗や埃がついた布製の夏の帽子は、洗剤ではなく、髪を洗うのと同様にシャンプーで洗うときれいに仕上がります。 干す時はよく形を整えてから、帽子の大きさに合うザルやボールに被せて乾かします。

ごわつき易いタオル類をソフトに洗うには、脱水した後、タオルの周囲を手で引っ張り、形を整えてから、繊維のパイルを立たせるようによく振ってから陰干します。すると、柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がります。

洗濯機の使い方

1. 洗濯機を使いこなす

近頃の洗濯機はますます高機能になってきています。水温、水流、水量の調整機能はもちろん、仕上げや脱水具合の好み、夜間の洗濯も可能な静音タイプのものやタイマー設定のもの等さまざまです。その時の洗濯の状況に見合った設定にこまめに変えながら、上手に活用しましょう。又、基本的に、脱水が終わった洗濯物はすぐ取り出し、よく振り、パンパンとたたいてシワをのばしてから、風通しのよい日陰に干します。日焼けで生地を傷めたり、変色したりするのを防ぎ、アイロンかけの手間が少なくてすみます。

2. 洗濯後のお手入れは

洗濯が終わったら、中に湿気がこもらないように、洗濯機のフタはしばらく開けておきましょう。いやな臭いやカビがはえるのを防ぎます。乾燥機を使った時は、換気扇をまわしたり、窓を開けたりして湿気を取りましょう。糸屑を取るフィルターも毎回きれいに掃除しておくこともお忘れなく。次の洗濯が気持ちよく出来ます。

クリーニング店の利用

クリーニング店に衣類を出す時には、必ず洋服のポケットの中を確認しましょう。シミがある場合は、生地と同色の糸で印をつけ、シミの原因を伝えます。スーツを出す場合は、上下の色あいを保つためにも上下一緒に出すようにします。クリーニング店から品物が出来上がって来たら、そのままクロゼットに仕舞わないで、必ずビニール袋から出して湿気を取り除き、仕上がりをチェックしましょう。ベルトや替え襟などの付属の小物類の有無も確認しましょう。

  • 設計相談会
  • ペットと過ごす家
  • 木造耐火住宅
  • お住まいのリフォームのご相談はこちら
  • 木下のリフォーム
  • 木下のリフォーム
  • 快適な暮らしを送る為に、信頼と安心のリフォーム
  • 土地活用・アパート経営のご相談はこちら
  • アパート経営
  • アパート経営
  • みなさまの長期安定経営をトータルにサポートします