木下工務店

セキュリティー対策を考える

最近は、ストーカー行為や痴漢、凶悪な社会事件などが多発し、防犯への意識が高まりつつあります。安心して暮らすためには家の内外だけではなく、ご近所や地域の安全も視野に入れながら、身近で出来る防犯対策を普段から心掛けましょう。

小さなことも気をつけて

1. 基本はしっかりと施錠

防犯対策と一口に言っても、目的やレベルによって内容はかなり異なります。一般的な家庭では、まず始めは今出来る範囲のことから、しっかりと戸締まりをすることが大切です。一階の玄関や掃き出し窓は注意しても、勝手口や風呂場、二階の窓などは、鍵をかけるのを忘れていませんか。留守にする時は開口部をすべて施錠し、外部から見えにくい開口部は特に注意しましょう。又、留守中でも照明をつけておくなど、人の気配を感じさせるようにすることも有効だそうです。

2. 出入りする時にも気配りを

近くに買い物に行く時など、どんなに僅かな時間でも、留守中は鍵を掛けて出かけましょう。又、合鍵を、植木鉢の下、ポストの中、牛乳ケースの中など、玄関の近くに置くと、誰かに見られているかもしれないので大変危険です。家の周囲や玄関、勝手口の近くを大きな植え込みや茂みで見えにくくしておくと、侵入者の絶好の隠れ場所になったりします。家の周囲は明るく、見通しよくしておきましょう。

防犯用品は進歩しています

1. 玄関ドアや窓用の防犯用品

ピッキング(針金のような特殊工具でドアをこじ開け侵入する空き巣の手口)などに対して、不正解錠されにくい高性能シリンダー錠にし、さらに補助錠をつける「ワンドアツーロック方式」が玄関ドアには効果的です。補助錠は、施工を必要としない簡単な取り付けタイプや、鍵穴を隠して強固なケースで被う新型タイプのものなどがあり、玄関ドアの種類や状態によって選ぶようにしましょう。 勝手口やガラスのサッシ窓には、狭い場所でも取り付けられる補助錠や、開閉や換気しやすい窓用防犯金具、水で貼れるガラスの強化シート、ガラスに強い衝撃を感知するとアラームが作動するガラス破壊警報機など、多種類の防犯用品が出回っています。開口部や窓の形状、開閉の使用頻度に合わせて、検討してみるといいでしょう。

2. いろいろ便利な防犯用品

防犯用品は、いざと言う時の状況を設定して考えられていますが、日常生活でも便利に使えるものがあります。防犯用のセンサーライトは、人体温度を検知すると明るくライトが点灯しますが、外階段、物置、ガレージ、庭や玄関周りなどに設置しておくと、必要な時にだけ点灯して便利です。玄関に音の鍵を付けるような、ワイヤレスチャイム。スイッチ一つで、来客時にはチャイム、防犯には警報アラームと切り替えて使用できます。又、ワイヤレスの小型防犯カメラは、移動できるので、例えば、リビングルームと赤ちゃんが眠っている子供部屋とを接続したり、病気で寝ている家族の部屋と接続したりといろいろ活用出来そうです。

  • お住まいのリフォームのご相談はこちら
  • 木下のリフォーム
  • 木下のリフォーム
  • 快適な暮らしを送る為に、信頼と安心のリフォーム
  • 土地活用・アパート経営のご相談はこちら
  • アパート経営
  • アパート経営
  • みなさまの長期安定経営をトータルにサポートします