木下工務店

家庭から環境を守る暮らしを

私たちは便利で豊かな暮らしをしてきましたが、地球の環境問題について真剣に取り組まなければならない時にきています。暮らしを見直してムダなことを省き、合理的な生活を家族で考え始めてみませんか。上手に節約出来れば家計にもいいことずくめです。

まめにお掃除しましょう

1. お部屋を見回してみると、いろいろな節電場所がありそうです。

  • テレビを見ていない時はこまめに消す
  • 冷暖房の設定温度を控えめにする
  • 夜間や留守中は電気製品の主電源を切り、待機時消費電力を節約する
  • 冷蔵庫の開閉はなるべく少なくして、食品を詰め込み過ぎない
  • 一般電球よりLED照明の方が省エネで長寿命
  • 使い捨ての電池より充電式電池の方が経済的でゴミも少ない
  • 使わない電気製品のプラグを抜く

など簡単なことで、省エネが出来ます。

2. キッチンや水まわりもしっかりチェックしましょう。

  • 煮物や野菜の下ごしらえは電子レンジを利用する
  • 食器の油汚れは拭き取ってから洗い、生ゴミは水気を切って捨てる
  • コンロの火はなべ底からはみ出さない火加減で使う
  • 食材は無駄なく使い切るように調理して、残ったものは冷蔵や冷凍にする
  • 食器を洗ったり、手や顔を洗ったりする時は、お湯の設定温度を30度程度に下げる
  • 食器洗浄乾燥機は食器をまとめて使うように心がける
  • お風呂はなるべく続けて入り、シャワーを流しっぱなしにしない
  • お風呂の残り湯は洗濯に使い、洗濯はなるべくまとめて洗うようにする

キッチンや水周りには、それぞれ家族の協力で節約や工夫出来ることがありますね。

3. お買い物は上手にしましょう。

  • 購入の必要性を考えて出来るだけ環境への負荷が少ない商品を選ぶ
  • 不用品はリサイクルショップやフリーマーケットを利用する
  • 手入れや修理をして、モノを長く大切に使う
  • 買い物には、購入予定品のメモを持っていく
  • 食材の買い物は賞味期限と量を考え、買い込み過ぎないように
  • 詰め換えや入れ替え、補充や交換が出来るものを選ぶ
  • 代用が効くかどうか、レンタル品で済むかどうかなど、購入する前に再度考えてみる
  • 再生素材や再生品を購入する
  • 買い物袋を持参し、なるべく包装の少ないものを選択する
  • 生産エネルギーの負荷が低く、栄養価の高い旬の野菜や果物、魚介類を購入する

シンプルに気持ちよく暮らす

今の生活をほんの少しシンプルで質朴なものにするだけで暮らしにゆとりが生まれます。車を降りて歩けば健康にもなり、自転車やバスを利用すれば、新しいお店が見つかるかもしれません。

エコロジカルな暮らし方は我慢しながら続けても長続きしません。自分に出来ることから始めて、「やってよかったね」「こんなに得しちゃった」という気持ちで続けることが大切です。

地球のエネルギー資源は有限ですが、再生させようとする私たちの知恵は無限にあるのではないでしょうか。目の前の安さや利便性に振り回されないで、命の源である地球環境のことを思いながら、賢いエコロジーライフを実践しましょう。