木下工務店

ハレの日をより思い出深いものに

春は、卒業式や入学式、引越しや転勤、お祝いごとやお別れ会など何かと行事の多い季節です。そんな日をより思い出深いものにするために、和やかなホームパーティーや一味違うプレゼントでちょっと工夫してみませんか。

ホームパーティーの心づかい

1. 子供たちのパーティーはあたたかく見守りながら

普段は凝ったお料理を作る余裕がないママも、この日こそと頑張り過ぎると却って疲れてしまいます。お料理は市販品やいつも作る得意メニューを豪華に盛り付けるだけで充分です。子供向けには、抜き型を使ったり、ラップに包んだり、アルミカップや、オーブンペーパーを容器替わりに使い、食べやすい大きさにして盛り付けましょう。お料理は一緒に大皿に載せて、トマトやピーマンのようなカラフルな野菜を彩りに添えると、とても見映えがよくなります。

そして、お肉やケーキなど何でもいいのですが、取り分けて食べるものを一品用意しましょう。みんなで一つのものを取り分けると、自然と仲間意識が生まれますよ。

又、リビングルーム、子供部屋、玄関などのお部屋の飾り付けや、招待状、ネームカード、コースターやランチョンマット作りも、子供たちに手伝ってもらい、家族で楽しむ気持ちで盛り上げましょう。 最後に、かわいいハンカチやマグカップの容器に、パーティーと同じお菓子を詰めて、お土産にすると、楽しかったパーティーの記念になります。

2. 大人のパーティーには大人の気配りで

ホームパーティーでは、女性が多い時にはお菓子やフルーツ類を多めに。男性が多い時には、お酒やおつまみの種類を多めにすると喜ばれます。手土産に花束を持参したりする場合がありますが、パーティーを催すお宅でも花を飾って準備していることがあります。バスケット型や鉢植えのお花の方が活ける手間もなく簡単に飾れるので、贈られる側にはとても楽です。

お料理や食品を持参する時は、チーズの詰合せセット、地方の珍しいお漬物セット、可愛いお菓子などのパーティー料理を邪魔しない、小さくて気が利いたものがいいですね。

もし、自慢の手料理を持参する場合は、多少残っても日持ちの効くものにしましょう。その場で食べ切れなくても、後でご家族で味わって頂けます。

プレゼント選びは難しいけど楽しい

1. 女性にはゴージャスな気分にさせてくれるものを

気心が知れているお相手なら好みもわかり、プレゼントの品も選びやすいのですが、そうではない方には、実用的で無難なものになりがちです。でも、そんな時のプレゼントには、気持ちがリラックスしてきれいになれるホームエステグッズ、入浴剤、センスのいい化粧小物などはいかがですか。最近は、フェイスケア、ボディケアと様々な種類のグッズが販売されていますから、予算やお相手の年代やお好みに合わせて、かなり自由に組み合わせも選べます。

プレゼントに迷ったら、「自分では勿体なくて買わないけど貰うと嬉しい」「何となくゴージャスな気分になれる」、女性にはそんな基準で選ぶと喜ばれそうです。

2. 男性にはライフスタイルを考えて

男性に、ネクタイや服飾小物類を選んで贈る場合はちょっと勇気がいりますが、自分の選択眼を信じ、自信を持って贈りましょう。迷いは禁物です。男性はその方の年代や嗜好の他に、ご家族と一緒か、一人暮らしかによって、プレゼントの選び方を考えるようにしましょう。

ファッション専門店やギフトショップではなく、キッチン用品やステーショナリーのコーナー、音楽CD専門店などにいくと、おもしろい新製品やアイディア商品があるので、案外気に入ったものが見つかるかもしれません。又、いざと言う時のために、すぐに食べられるおいしい缶詰や高級レトルト食品などの「非常食のサバイバルセット」なら、どなたにも歓迎されるでしょう。

お礼は早めに出しましょう

パーティーやプレゼントの返礼は早めに出すのがエチケットです。もちろん、電話やメールでもいいのですが、時には自筆の手紙やハガキの方が心に残る場合があります。例え、写真やイラストハガキに感謝の一言を添えただけの礼状でも、受け取った方は嬉しいものです。今の時代だからこそ、手書き文字の味わいに、ホッとした懐かしい優しさが伝わるのではないでしょうか。